ドライバーだけで組み立てる「ポップアップハウス」がスゴイぞ! 解体してリサイクルも

main 出典:www.popup-house.com


ドライバーだけで組み立てる「ポップアップハウス」がスゴイと話題になっているのでご紹介します!

ドライバーだけでこんなに立派な家ができてしまうとは…。これはフランスの建築事務所が開発したという「ポップアップハウス」なるもの。費用だけでなく、建設の時間も大幅に短縮できるこの家は、ドライバーだけで組み立てることができるといいます。まるでイケアの家具のよう!?


こちらは1階建ての平屋住宅のポップアップハウスの例。建築事務所などに依頼して建設してもらいます。
WS000001_R 出典:www.popup-house.com

材料は木材、高断熱のブロック、木製のねじ等。断熱性に優れており、暖房や冷房の費用が抑えられるそうです。
WS000002_R 出典:www.popup-house.com

電動ドライバーがあれば、わずか1~2週間(フレームに関しては)で建設できるといいます。
WS000003_R 出典:www.popup-house.com

建材の主要部は、取り扱いやすさと価格を考慮し、リサイクル木材と発泡ポリスチレンを使用した防水ボードだそうです。
4_R 出典:www.popup-house.com

こちらの写真はオフィスとしての使用イメージですが、リビングルームには、キッチン、ダイニングエリア、テラスが兼ね備えられるほか、風呂、ベッドルームなど、住居として十分な設備が整えられるといいます。

WS000005_R 出典:www.popup-house.com

こちらも、別デザインのポップアップハウスです。
WS000007_R 出典:www.popup-house.com

WS000008_R 出典:www.popup-house.com

WS000009_R 出典:www.popup-house.com

WS000010_R 出典:www.popup-house.com

WS000011_R 出典:www.popup-house.com


リーズナブルな上、解体してリサイクルも

「ポップアップハウス」は、その大きさや素材などに応じてグレードがあり、価格は1平方メートルあたり1300ユーロ(約15万円)から2000ユーロ(23万円)。また、解体も簡単なようで、4日間程度で解体することも可能とのこと。

住宅としてのニーズのほか、オフィスや別荘としてのニーズがありそうですね。今後はフランス以外、アメリカやイギリスなどでの展開も計画しているとのこと。ポップアップハウスの詳細はこちらでご覧ください。


<動画はこちら>
出典:YouTube



出典:fundo1.jp / www.popup-house.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加