「障害の害をひらがなにするのが嫌い」パラ水泳一ノ瀬メイ選手の言葉に共感の声

maxresdefaultr 出典:i.ytimg.com
リオパラリンピック水泳日本代表一ノ瀬メイさん。そのルックスから、水原希子似として話題となり、『水のプリンセス』という愛称で呼ばれています。TOYOTAのCMで「イチローが嫌いだ。」というセリフがが印象的な水泳選手といえば思い浮かぶ人も多いでしょう。そんな彼女の言葉が注目されています!それは「障害の害の字をひらがな表記にするのが嫌い」という事。この理由に多くの人が共感しています。

一ノ瀬メイ選手出演のTOYOTAのCM「イチロー&一ノ瀬メイ篇」
<動画はこちら>



障害者を障がい者と表記する風潮

28日に放送された日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」で取り上げられた一ノ瀬メイ選手、この時に話した言葉が注目され多くの人の共感を得ました。

▼番組内で語られた一ノ瀬メイ選手の言葉。

「障害の「害」がひらがななのが嫌い。」

「害やからよくないやろ でひらがなにする。」

「私からしたら腕がないのが障害なんじゃなくて それを持って生きていく社会が害。」

「私からしたら障害は本人じゃなく社会やから ひらがなに直して勝手に消さんといてほしい。」

出典:ntv.co.jp
これを聞いて私もハッとしました。障害者の方にとって、障害なのは生活に支障をきたす社会の方に害があるのだと。確かにその通りです。これには多くの人が共感した様子でした。

▼共感した方たちのツイート




この意見には賛否あると思いますが、「障害」を「障がい」と表記する風潮に少し違和感を感じていた人には凄くしっくりくる言葉だったのではないでしょうか?

また、番組では、一ノ瀬メイ選手がなぜメディアに積極的に出るのかというのにも理由があるという事が語られていました。

▼一ノ瀬メイ選手がメディアに出続ける理由

「自分みたいに腕を短い人を見かけた時に“あの人腕がない”っていう一言が“あの人この前テレビで見たメイちゃんみたいだね”に変わるだけできっと変わってくるんだろうな…」

確かに、この違いは大きいでしょう!こんな信念を持ち、メディアに出演し続け、アスリートとしても精進を続ける一ノ瀬メイ選手、年齢は若いですが、本当に尊敬できる人物だなと感じました。今後の活躍が期待されますね!

一ノ瀬メイ
父がイギリス人・母が日本人のハーフ
1997年3月17日 (19歳)
京都府京都市出身、近畿大学所属
200m個人メドレークラスSM9・50m自由形クラスS9・100m自由形クラスS9・100m背泳ぎクラスS9・100m平泳ぎクラスSB9、5つの日本記録保持者
1r 出典:instagram


出典:ntv.co.jp / youtube / wikipedia

maxresdefaultrr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加