12月8日は「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる超吉日! 今年最後のチャンス!

main 出典:www.ashinari.com


12月8日は「天赦日」と「一粒万倍日」が重なるプレミアムな吉日です!2016年中には2回あり、そのうちの1回が9月23日でした。つまり、12月8日は今年最後のチャンスとなります!

では、「天赦日」とは?そして、「一粒万倍日」とは一体どんな日なのでしょうか!?


天赦日とは、日本の暦の上で1番縁起が良い日

「天赦日」は「てんしゃび」または「てんしゃにち」と読みます。簡単に言えば、日本の暦の上で最上の吉日とされており、新しく何か物事を始めたり、これまで躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日なのです。

「天赦日」は年に5~6回程度しかない開運日。百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされています。


(天赦日に行うと良いこと)
・結婚、結納、入籍、慶事などの婚礼
・プロポーズ、告白
・出生届
・引っ越し
・開業
・財布の新調
・和解(ケンカの仲直り、トラブルの解決にも吉)
・今まで躊躇していた事を始める など


a0720_000032_m_R 出典:www.ashinari.com


一粒万倍日とは、何事を始めるにも良い日

「一粒万倍」とは、その名の通り、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味。何事を始めるにも良い日とされています。特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことが吉とされています。その一方で、借金をしたり、人から物を借りたりするなど逆のことをすると、苦労の種が万倍になると言われています。この点は注意が必要ですね。お間違いなく。


(一粒万倍日に行うと良いこと)
・開業、事業の開始、投資
・仕事始め
・種まき
・お金の支出に関する事(出資・銀行口座の開設など)
・新しい開運財布を使い始める
・財布を購入する
・宝くじの購入
・結婚・お祝い事
・一粒万倍日に考えたアイデアは好結果につながる など


今回を逃すと…

「天赦日」は1年に5~6回程度、「一粒万倍日」は1年に60回程度あります。しかし、その両日が重なる日は稀です。今年の12月8日を逃すと、次に「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる日は、2017年の7月6日になり、約7ヶ月後。※ちなみに、2017年で該当するのは7月6日と9月18日の2日間です。


このプレミアムな吉日を、見逃す手はありません。ぜひ新しいことにチャレンジしてみましょう!



出典:wikipedia / weblio / fundo.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加