「1+1がなぜ2になるの? 」どうしても理解できず、やがて強迫神経症になるも…とある言葉が救ってくれた

main 出典:twitter.com


「1+1がどうして2になるの?」

そのような疑問を抱き、やがて強迫神経症になってしまったというTwitterユーザーの道雪 葵@michiyukiaporoさん。そんな時、つらかった自分を救ってくれた言葉があったそうです。


普段、漫画を描かれているという道雪 葵@michiyukiaporoさんは、その一連の出来事をわかりやすく漫画で表現されています。

出典:twitter.com

1_R 出典:twitter.com

2_R 出典:twitter.com

3_R 出典:twitter.com

4_R 出典:twitter.com


1+1がどうして2になるのか、どうしても理解できなかったという道雪 葵@michiyukiaporoさん。そして、そのことを周囲に理解してもらえず、どんどん精神的に追い込まれてしまったといいます。

そんな時に、病院で先生から言われた言葉…。ものすごくほっとされたとのことで、その言葉が気をもちなおすきっかけとなったそうです。わかりやすい漫画であるため、抱かれていた心境の変化がとても分かりやすく伝わってきますね。


この漫画のツイートが多くのネットユーザーの共感を呼び、さまざまな声が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


同じような気持ちを抱いていたという方からの声など、多くの反響が寄せられていました。皆さんはどう思われますか?

言葉がもつ力、相手の心を思いやることの大切さ、相手の気持ちは本人でなければわかることではないけれども、相手の気持ちに寄り添う大切さ。そんなことも感じさせてくれる漫画です。



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加