【漫画】ドヤ顔の柴ワンコが動物病院で豹変!?大好きなおばあちゃんがリードを離すと…


このドヤ顔の柴犬さん、漫画家やイラストレーターとして活動している立木明彦(@tsuiki0)さんが、動物病院で出会ったワンコだそう。

このワンコのドヤ顔が、この後、あることで急に変わってしまうのです!その様子がかわいい!とTwitterで話題になっています。

さっそく漫画をご覧ください!




ドヤ顔で人懐っこい柴犬さん。おばあちゃん大好きな姿や、初対面の人にも自信満々で撫でられに行く様子もかわいいですね!

ところが、病院のスタッフさんにリードが渡された途端、そのドヤ顔がしおしおに…!かわいそうだけど、こんな反応されたら可愛くてたまりませんね。

そんな柴犬さんにTwitterでも、かわいい!という声が集まっています。

「可愛い……よくみる病院行くと気が付いた途端に萎れたり逃走図る子に似てますねw」 
 
「犬に表情ないなんてウソですよねー(※´Д` ※)」 
 
「かわいそかわいいΣ(ノ∀`*)」 
 
「犬って主人以外がリードを持つとこうなりますよね。捨てられると勘違いするのかな?で出てきた時に主人を見るとまた元気になるんですよね」


犬も、リードで飼い主とのつながりを意識しているんでしょうか?ずっと一緒だと思っていたおばあちゃんにリードを離されて、ショックを受けてしまったんでしょうね~。

やっぱり感情を隠せない素直なところは、ワンコの魅力の一つなのかもしれませんね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@tsuiki0)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加