【一度は見ておきたい!】世界最古・日本最古の映像&写真

WS000001_R(1)_R(1)
スマートフォンやデジタルカメラなど、今では写真や動画を撮るアイテムがたくさんありますよね。ここでは、その原点となる世界最古・日本最古の映像と写真をご紹介します!


世界最古の写真(原版あり)

1825年、フランスの発明家ニセフォール・ニエプスが撮影した「馬引く男」が、現存する世界最古の写真とされています。
W 出典: ja.wikipedia.org

世界最古の写真(原版なし)

ニセフォール・ニエプスが撮影した「用意された食卓」。原版は失われていますが、1822年に撮影された写真です。
Niepce_table_R(2) 出典: ja.wikipedia.org


世界最古のカラー写真

1861年、ジェームズ・クラーク・マクスウェルが撮影したとされる世界初のカラー写真です。タータンのリボンを撮影。この画像は乾版をベースとしてコンピューター合成によって再現されたもののようです(カラーの印画紙は当時は存在しなかった)。
733px-Tartan_Ribbon_R 出典: ja.wikipedia.org

世界最古の映像

1895年に公開された短編モノクロ無声ドキュメンタリー映画「工場の出口」(監督:ルイ・リュミエール)が、世界初の実写映画とされています。
WS000001_R(1)_R(1) この映画は労働者たちが工場(フランスのリヨン周辺)から出てくるシーンのみで構成されています。労働者達の多くが女性です。50秒ほどだそうです。

<動画はこちら>

出典:YouTube


世界最古のカラー映像

写真家兼発明家だったエドワード・ターナーが、自分の3人の子供達を撮影したもの。1901~1902年頃に撮影されたと推測されています。
WS000000_R(1) <動画はこちら>

出典:YouTube

日本最古の写真

ペリーの来航時、同行していた写真家・版画家のエリファレット・ブラウン・ジュニアが来航の際に応対した日本人を撮影。その時の写真が現存する最古の写真とされています。開港した横浜と函館の藩士達が被写体となっているそうです。
撮影した写真は全部で6枚あるとのことですが、そのうちの5枚は国の重要文化財として指定され、残りの1枚はハワイの博物館にあるとされています。下記掲載の1番と5番の写真には、「June 1st 1854」と書かれているようです。

1.銀板写真(松前勘解由と従者像)
1c0155136_8583637_R 出典: kuro2252.exblog.jp

2.銀板写真(田中光儀像)
2371px-Tanaka_Mituyoshi_R 出典: ja.wikipedia.org

3.銀板写真(黒川嘉兵衛像)
3c0155136_11152620_R 出典: kuro2252.exblog.jp

4.銀板写真(遠藤又左衛門と従者像)
4c0155136_8453366_R 出典: kuro2252.exblog.jp

5.銀板写真(石塚官蔵と従者像)
5c0155136_859274_R 出典: kuro2252.exblog.jp

日本最古の映像

1910年、「小林富次郎葬儀」の葬列の様子を撮影した映像が、国内に残存するフィルムで最古のものとされています。7分ほどだそうです。
WS000004_R(2) <動画はこちら>

出典:YouTube

今の便利な世の中があるのも先人達のおかげ…改めて感謝ですね!

出典: ja.wikipedia.org

WS000001_R(1)_R(1)
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加