”生き別れたヒツジの親子の絆”を描いたアニメとBGMに心を打たれる

WS000035_R

生き別れたヒツジの親子の絆を描いたショートアニメが話題となっています。アニメは、RAM WIREの5thシングル「僕らの手には何もないけど、」のMusic Videoとして制作されたものです。イラストは、「象の背中」などの作品を手掛けた城井文さんが描き下ろしています。


子ヒツジを亡くしたお母さんヒツジ。悲しみから何をする気にもなれずに寝込んでいます。
WS000002_R
その頃、子ヒツジは三途の川に。そろそろ向こう岸に渡らなければなりません。
WS000005_R
それでもお母さんのことが気になる子ヒツジは、お母さんに会いにいくために、自分の毛を剃ってロープにして下界に降ります。
WS000009_R WS000011_R
家に入ってお母さんに抱きつくも、お母さんは子ヒツジが見えずに気づいてもらえません。
WS000014_R
やがてお迎えが来てしまい、再び三途の川へ連れ戻されてしまいます。
WS000016_R 毛を剃ってしまった子ヒツジは心細くて、悲しくて、放心状態です。「お母さん…」
WS000024_R
一方、お母さんヒツジは子ヒツジとの思い出を回想しつつ、子ヒツジを思ってか「もういないけれども…」と編み物を始めます。
WS000019_R WS000021_R
できあがったセーターを片手に子ヒツジを思うお母さんヒツジ。
WS000022_R

そんな時でした。
mL10ba
お母さんの編んでくれたセーターが!


子ヒツジは「わーい、わーい」と嬉しそうに飛び跳ねます。そしてその後、お母さんのぬくもりに安心したのか三途の川を渡っていきます。詳しくはRAM WIRE 『僕らの手には何もないけど、』Music Video でご覧ください(心に響くメロディに涙があふれます)。


お母さんヒツジと子ヒツジがお互いを思う気持ち、親子の絆…。切ないけれども心をあたたかくしてくれます。



<感動のMusic Videoはこちら>


出典:YouTube

WS000035_R
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加