ボルトがカメラマンに接触され転倒も「足は大丈夫」と”笑顔で握手”

main
世界陸上の男子200mで優勝して2冠を達成したウサイン・ボルト選手。そのレース直後、カメラマンと接触するまさかのアクシデントがありました。

出典:twitter.com

これが、そのシーンです。

<動画はこちら>

出典:YouTube

レース直後、場内を一周しながら会場の大声援に応えていましたが、電動立ち乗り2輪車「セグウェイ」に乗って撮影中のカメラマンが、突然バランスを崩して転倒、巻き込まれる形でボルト選手は後ろ向きに倒れてしまいました。

WS000002_R
ボルト選手はすぐに立ち上がりましたが、左脚のふくらはぎをおさえながら顔をしかめました。
WS000004_R

この件に対して寄せられていた声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

足の具合が心配されましたが、ボルト選手は公式会見の場で「足は問題ない。大丈夫」と語っていました。また、ボルト選手は倒れこんだままのカメラマンに歩み寄って、笑顔で握手を交わし、そのままウイニングランを続行。

ちなみに、2着だったジャスティン・ガトリン選手は「(あのカメラマンは)僕のミッションに失敗した。ギャラを返してもらわなきゃ」と、ジョークで笑わせていたそうです。


とにかく大事に至らなかったことは何よりですが、今回のような事故は決してあってはならないことです。早急な対策が求められます。

CNde5glWsAA8Gr6_R 出典:twitter.com

自分の足のことがあるにも関わらず、カメラマンを心配して歩み寄ったボルト選手。心の広さ、素晴らしい人間性を世界中のファンが改めて実感したのではないでしょうか。



出典:www.youtube.com / www.tokyo-sports.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加