定年退職後に離婚した60代男性の相談…それに対する回答が秀逸だと話題に!

main 出典:twitter.com

定年退職後に離婚したという60代男性の赤裸々な相談…。それに対する回答が「秀逸だ」「結婚や家族のあり方を考えさせられる」などと話題になっています。

60代男性の相談内容がこちらです。

CkD_SNgUkAAw1f6_R 出典:twitter.com

以下、記事の内容です。

定年退職後に離婚、今後が不安(静岡・B男)

60代の男性。昨春、娘の大学卒業と私の定年退職を機に離婚し、家を出ました。夢も希望もなく、漠然とした不安を抱えています。

妻や同居の義母とは仲が悪く、10年以上、口を利いていませんでした。食事も一人、風呂やトイレ意外は自室を出ることもありませんでした。家の改築や家電の購入、娘の進路などについて一切、相談がなく、娘からの事後報告と費用の請求があるだけでした。

今は、地方の古い借家に一人で住んでいます。少しばかりの年金とアルバイトの給料で生活し、娘の教育ローンの返済もしていて貯金はありません。妻側について娘には半年前に携帯電話を替えられ、連絡が取れなくなりました。

好きだったパチンコは10年前にやめて趣味はなく、酒やたばこもやりません。友人もおらず、平日の帰宅後や休日は、テレビを見てばかり。寂しくつまらなくて、深夜にインターネットのエッチな画像を見てしまいます。それだけが楽しみになってしまいました。このまま死んでいくのかと不安です。


そして、こちらが上記の相談に対しての回答です。

CkEF2uSUgAA0DaX_R 出典:twitter.com

以下、記事の内容です。

人生案内 出久根達郎(作家)

なぜ、そうなってしまったのか、ここはとっくりと考える必要があります。

ノートを用意してください。まずはテレビをつけずに、あなたが小さい時分から今日までのことを、思い出してください。何を思い出すかというと、お世話になった人です。ノートの左側のページに、「お世話になった人」と記して、名前を書いてください。どんなご恩を受けたか、思い出しつつ、具体的に書き込んでください。詳細であればあるほどよろしい。

いっぺんに思い出せないでしょうから、毎日、帰宅後に時間を取って続けるといいでしょう。昔のことを回顧するのが楽しみになれば、この作業は半分成功したようなものです。

作業になれてきたら、右側のページに、今度は面倒を見てやった人のことを書き込んでください。ある程度書いたら、両方を読み返してください。どちらの方が書き込みが多いか、比べてみます。これだけで、自分のことがずいぶんとおわかりになるはず。その先、どうするかは、自分で考えなくてはいけません。



これまでの人生でお世話になった人と、自分が面倒を見た人のそれぞれを書き込む作業を勧めています。そして、どちらの書き込みが多いかを比較し、自身を見つめなおすというもののようです。なるほど… 一度冷静になって「なぜ」そうなってしまったのか?という要因を探ることが、この先の人生を歩んでいく上で肝心ということですね。

この相談内容とそれに対する回答については、さまざまな声が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

この男性の場合、奥さんと子供と10年以上もまともにコミュニケーションをとっていなかったということ。また、友達がいないということを書かれています。その分、仕事に打ち込んできたと考えれば立派だと思いますが、その一方で家族に対する愛情や交流が不足していたと、奥さんや子供が感じていたのでしょうか。

いずれにせよ、ノートに書きだす作業は、自分を見つめ直す上で大切な作業になりそうです。感謝すべき人、「ありがとう」の気持ちを伝えなければいけない人が明確になりそうですね。



出典:twitter.com / twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加