【JAFが5つの方法で検証】車内が暑い時に温度を下げるための最も効果的な方法は?

main 出典:www.jaf.or.jp

車内が暑い時に温度を下げるための最も効果的な方法は?

暑い時期、車の中が暑くて乗れない…!ということも多くなります。そんな時に最も効果的なのはどんな方法か?ということをJAFが検証。その結果を発表しているのでご紹介します。

出典:twitter.com

JAFは公式Twitterアカウントで、車内の温度を下げる時にどうしていますか?と呼び掛けています。JAFでは5通りの方法を実際にテストして、その結果を発表しています。

テスト概要

・実施日:2016年6月7日(火)
・テスト場所:彩湖・道満グリーンパーク駐車場(埼玉県戸田市)
・テスト背景:主に春から夏けて、駐車後は車内が暑くしばらく車に乗れないことが多い。そこで、高温になった車内温度を早く下げるにはどうしたら良いのかを検証した。
・テスト内容:同じ車を5台用意し、車内温度 が55℃になったタイミングで5名のモニターがそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦した。計測器の温度センサーは運転席と助手席の中央、乗員の顔の高さに設置し、経過時間ごとの温度変化を測定した。

detail5_02_R 出典:www.jaf.or.jp


5つの方法

以下がテストで試された5つの方法です。皆さんが実際に「コレやってる!」という方法はありますか?

1.ドア開閉
エアコンは使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉して車内の熱気を逃し、温度変化を測定。
1_R 出典:www.jaf.or.jp

2.冷却スプレー
エアコンは使わず、冷却スプレーをシートに10秒ほど吹きかけ、3分間の温度変化を測定
2_R 出典:www.jaf.or.jp

3.エアコン「外気導入」
窓は開けず、車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定
3_R 出典:www.jaf.or.jp

4.エアコン「内気循環」
窓は開けず、車のエアコン(オート)を内気循環、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定
4_R 出典:www.jaf.or.jp

5.エアコン+走行
窓を全開にし、 車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にして走行。2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行し、温度変化を測定
5_R 出典:www.jaf.or.jp


結果:最も早く車内温度を下げられたのは「エアコン+走行」

5つの方法を試した結果、最も早く車内温度を下げられたのは「エアコン+走行」だったようです。エアコンを使わない「ドア開閉」は47.5℃、「冷却スプレー」は3分後に50.1℃に低下。エアコンを使用した3パターンの中で最も温度が下がったのは「エアコン(内気循環)」だといい、10分後に27.5℃、「エアコン(外気導入)は10分後に29.5℃、「エアコン+走行」で5分後に28.0℃まで低下した(55℃から半分近くまで温度が下がった)そうです。

detail5_08_R 出典:www.jaf.or.jp


上記に結果から、車内の温度を下げるための最も効率的な方法は、窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走り出し、車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やすことです。「エアコン+走行」は、 短時間で温度を大きく下げられるため、燃料の消費や排ガスも抑えられ、環境面でのメリットもあります。

既に実践しているという方も多いと思いますが、知らなかったという方は、ぜひこの夏に実践してみてください!



出典:twitter.com / www.jaf.or.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加