オーケストラの演奏中にワンちゃん乱入!でもめちゃくちゃ空気の読める犬だった!

dog_01_main

2017年6月20日、トルコで開催された第31回国際イズミール・フェスティバルでのこと。

エフェソス古代劇場で、世界的に有名なオーケストラ「ウィーン室内管弦楽団」が、メンデルスゾーンの交響曲第4番イ長調『イタリア』の第1楽章を演奏している時に突然、ワンちゃんが乱入するという珍事が起きました。

そして演奏の邪魔をしてしまうのかと思いきや、なんと客席から拍手が沸き起こるほど空気の読めるワンちゃんだったのです!

最高な特等席でクラシック音楽を楽しむワンちゃん

ウィーン室内管弦楽団のみなさんが演奏に集中している頃、左端からトコトコと歩くワンちゃんが登場。

演奏が盛り上がりに入った途端、一番前で演奏するバイオリン奏者の横で立ち止まりました。

dog_02_640_1

近距離で静かに演奏を聴くワンちゃんに客席からは大きな拍手が。

そしてあまりにも心地良い演奏だったのか、その場に座ってしまいました!

dog_03_640

しかも、あくびまでしちゃってるし(笑)

dog_04_640

そんな可愛すぎるワンちゃんを動画でご覧ください!

動画はこちら

いかがでしたか?きっとクラシック音楽が大好きなワンちゃんなのかな!?こんなにも近距離で演奏を聴けたなんて幸せ者だな~♪


出典:YouTube


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事