シャンプーのボトルのギザギザは花王のアイディア…その背景にあった花王の企業姿勢に称賛の声

main
出典:Instagram

シャンプーのボトルのギザギザは花王のアイディア…その背景にあった花王の企業姿勢に称賛の声が寄せられるなど話題となっています!

シャンプーの容器にギザギザ状のきざみがついていることをご存知でしょうか?このきざみは、触っただけでシャンプーとリンスを区別できるようにつけられたもの。目の不自由な方だけでなく、目をつぶって髪を洗う時に誰でも区別がつく便利なアイディアですよね。

これを考えたのは花王。消費者の間で「シャンプーとリンスの容器が同じで紛らわしい。形を変えて欲しい!」「洗髪時、目をつぶっていても区別がつくといい」といった声があり、そうしたニーズに応える形がギザギザのボトル開発だったとのこと。


出典:Twitter@yamazaki_design


出典:Twitter@iDeal96cat

こうしたボトルが導入される前は、誤使用の実態調査で約6割の人が洗髪の時、シャンプーとリンスを間違えたことがあると回答していたといいます。


出典:Twitter@smile106uvu

業界で統一していないと消費者が混乱してしまう!

ボトルにきざみを入れるアイディアは素晴らしいですが、花王はこのアイディアを業界全体に呼びかけました。

シャンプー容器にきざみを入れるということが、業界で統一していないと消費者が混乱してしまうと考えたからです。そこで、シャンプーのきざみが業界統一のものとなるように、日本化粧品工業連合会を通じて業界各社にはたらきかけたそうです。

その結果として、現在ではほとんどのシャンプーに「きざみ」がつくようになっているといいます。


出典:Twitter@hidema2o

消費者の利便性を第一に考えたアイディアと、きざみの入ったボトルを広めるための活動。素晴らしいですね!


出典:kao / Twitter@yamazaki_design


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事