放棄されたビニールハウスの中で、植物がとんでもない大きさに成長していた!


放棄されたビニールハウスの中で、植物がとんでもない大きさに成長していた!?海外掲示板サイトに投稿された1枚の写真が大きな反響を呼んでいます。

すさまじい大きさの植物は、リュウゼツラン属のアガヴェと呼ばれる植物で、メキシコではマゲイとも呼ばれているそうです。先が鋭く尖り、厚い多肉質の大きな葉が特長です。また、茎は短く太いため、根から直に葉が生えているようにも見えます。なんだかCGにも見えますね。

とにかく鋭く尖っています。成長は遅いとされている植物ですが、ここまで大きくなるんですね…。ちなみにこの植物は、テキーラの原材料としても知られています。


人間と比較してみると、その大きさが改めて分かりますね…!!力強さを感じますし、大きくて迫力があります。


植物の成長をサポートするビニールハウスで、放置されたアガヴェ。一体どれくらいのテキーラができるのでしょうか。

植物の生命力を改めて感じますね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:reddit / wikipedia

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加