時代錯誤!乳幼児健診の記入用紙「子どもの主な保育者」に父の選択肢がなかった話

日々子育てに励む親御さんたちにとって、乳幼児の健康診断は子どもの健康を守るためにも大切な行事。ところが、2歳児の父親である育休奮闘男 いかパパ(@2018hiroto)さんは、健康診断のための書類を書こうとして唖然としたそうです。
一体どのような書類だったのか、こちらをご覧ください。

時代錯誤!父は保育者じゃないのか?!

「主な保育者」の選択肢に「父」が無い…!?

「母」の次に書かれているのが「祖父母」で、その次が「その他」
まさか、これは何かの間違いでは?とさえ思えますが、似たような事例を他の多くの親御さんたちも経験しているとのこと。

いくら男性も女性と一緒に育児をすることが推奨されているといっても、まだまだ世の中には意識が追いついていない部分や、実態が伴っていない部分がたくさんあるようです。

いかパパさんがツイートしたように、本当にこういうところから変えていかないといけませんね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@2018hiroto)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事