定峰峠を走っていたら突然現れた!苔を削って描かれたジブリキャラクターの壁画が話題に

ロワパ(@hana_inko)さんが埼玉県の秩父市と東秩父村を結ぶ定峰峠を走っていた時に見つけたという、こちらのジブリキャラクターの壁画がTwitterで話題になっています。

その壁画をよーく見るとビックリ!なんと壁についた苔を削って描かれていたのです!

▼ 「魔女の宅急便」のキキとジジ

▼ 「もののけ姫」のシシガミ様

▼ 「となりのトトロ」のトトロ

▼ 「千と千尋の神隠し」のカオナシ

▼ 「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」に登場するススワタリ

▼ 「天空の城ラピュタ」のロボット兵

「となりのトトロ」や「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など様々なジブリキャラクターたちが描かれていて、見ていて楽しい気持ちになりますね。

これを苔を削って描いているのが凄すぎですよね~。ちなみに誰がいつやったのかは、ロワパさんも分からないそうです。

写真を見た人たちの反応は…

いかがでしたか?この定峰峠を通るたびにジブリの世界に迷い込んだ感じがして素敵ですね。私もなんだかほっこりしました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@hana_inko)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事