奇跡の2ショット?アサヒビール本社の「金色のオブジェ」はあるものと同じ形だった


アサヒビール本社の、雲のような形をした不思議な「金色のオブジェ」。浅草に行った時などに、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

インパクトの強い独特のフォルムは、「聖火台の上の炎」をイメージして作られたものそうですが、実はあるものとシルエットがほぼ同じであることを、すえきち(@suekichiii)さんが発見してTwitterに投稿しました。
さっそくその奇跡の2ショットをご覧ください。



ちょうどビルが見える手すりに偶然止まった一羽のユリカモメ。そのシルエットは、形も大きさもそこから見える金のオブジェにそっくり!
すえきちさんは実際に重ねてみた画像もアップしています。


本当にほぼ一致している!
さらにTwitterでは、アサヒビールのみなさんにとってはあまり嬉しくないであろう、このビルの「通称」に絡めて感心する声が多数。





やっぱりみなさん、そう呼んでるんですね…(笑)
しかしこれからは、ユリカモメのビル、と覚えておきましょうね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@suekichiii)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加