「花を持たせる」の意味は?どんなときに使うの?その由来は『連句』にある?

「ここは○○さんに花を持たせるか~」「この前は○○くんに花を持たせてもらったな」なんてつ別れ方をする「花を持たせる」という慣用句。
なぜ持たせるのは花なのでしょうか。

ここでは、「花を持たせる」の意味や由来そして類義語に対義語などについて見ていきましょう。

慣用句「花を持たせる」の意味は?

花を持たされた女性

 

慣用句「花を持たせる」の基本的な意味について、まずは見ていきましょう。

「花を持たせる」の意味

「花を持たせる」とは、人に名誉を譲ることや、その人を立てるために功を譲るといった意味で使われる慣用句です。

「花を持たせる」はどんな使い方をする?

「花を持たせる」の使い方としては、「後輩に花を持たせる」「自分の手柄だけでなく、誰かに華を持たせてあげられるような人間になりたい」などといった使い方をします。

「花を持たせる」の語源は?

花を持たせるの語源は?

 

「花を持たせる」にどのような成り立ちがあるか見ていきましょう。

連句からの説が有力

「花を持たせる」の語源は、連句が元となっているという説が有力です。

連句とは、日本古来の文学的な遊びのひとつです。
先に詠まれた「五・七・五」の句に、下の句となる「七・七」をもう1人が返していきます

連句では、季節や植物など自然のものを詠み込むことが重要視されており、特に花は季節を感じられる重要な役割を果たします。
この花はその場で連句を楽しんでいる人たちの中でもっとも位の高い人が詠むのが決まりとされていたため、ほかの人たちはその相手に花の句を譲るようにしていたことから、「花を持たせる」という言葉が生まれたとされています。

単純に花を贈る風習からという説も

また、日本古来の文化として成功した人に花を贈る風習が存在していたことが語源となったという説もあります。

花を持たせるの類義語は?

花を持たせるの類義語は?

 

「花を持たせる」という言葉の類義語を見ていきましょう。

「相手の立場を優先させる」の意味

「花を持たせる」のように、自分よりも相手の立場を優先させるというような意味の言葉には、「高く置く」「尊重する」「顔を立てる」などがあります。
相手の面目が保たれるように配慮したり、相手の考えを優先させるといった意味となります。

「相手が主役になるよう取り計らう」の意味

より広い意味では、「相手が主役になるように取り計らう」といった意味でも使われます。
このような意味で使われる慣用句としては、「花道を飾らせる」「功を譲る」「脇に回る」「引き立て役になる」などが挙げられます。

また、直接的表現である「顔を立てる」は、こちらの意味でも使われることがある慣用句です。

花を持たせるの対義語は?

対義語は?

 

「花を持たせる」には、明確な対義語はありません。

明確な対義語はない?

相手に手柄や名誉を譲るというような意味合いのある「花を持たせる」ですが、対義語として当てはまる言葉はないとされています。

反対の意味に近い慣用句・ことわざ

しいて言うなら、相手に花を持たせずに自分が相手の手柄を横取りしてしまうことを示す「高名盗み」などが挙げられます。
また、相手の面目をつぶすことをする、相手の誇りを傷つけるといった意味合いの「顔に泥を塗る」「煮え湯を飲ます」なども挙げられます。

英語で「花を持たせる」は?

花を持たせるは英語では?

 

英語で「花を持たせる」といった意味合いを表現するなら、「give ○○(相手を指す言葉)credit」「let ○○(相手を指す言葉) take credit for the success」が一例としてあげられます。

【まとめ】花を持たせるの意味・語源は?

「花を持たせる」という慣用句。
人に名誉を譲ったり、その人の顔を立てるという意味あいで用いられます。

その語源は、日本の歴史を感じる文化である連歌にあるとされています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事