「清水の舞台から飛び降りる」とはいうけれど・・・本当に飛び降りた人なんているの?と思ったら結構いた

思い切った大きな決断などをすることを表現するする「清水の舞台から飛び降りる」。
この清水の舞台といわれる場所があるのは、京都を代表する観光スポットである清水寺です。

清水寺の本堂は高さが14mほどありますので、この言葉は比喩表現に過ぎないと思いきや、実際飛び降りた人が相当数いたという事が記録から分かっています。

「清水の舞台から飛び降りる」とは

 

まずは、「清水の舞台から飛び降りる」という慣用句について見ていきましょう。

「清水の舞台」とはどこのこと?

「清水の舞台」の清水とは、京都の東山区にある清水寺の事です。
観光地として、京都でも屈指の人気スポットとなっていますよね。

そしてその舞台というのは、江戸時代の火災の後に復興した、本堂のことを指しています。
毎年年末になると発表される「今年の漢字」を揮毫を持って発表される場です。

ちなみに、清水の舞台から崖下までは約13m、ビルに換算すると約4階に相当する高さがあります。
飛び降りてといわれても絶対に拒否する高さがありますね。

「清水の舞台から飛び降りる」の意味

慣用句としての「清水の舞台から飛び降りる」は、思い切って大きな決断をすることの例えとなります。
また、必死の覚悟で実行するという意味でも用いられます。

例えば「清水の舞台から飛び降りる覚悟で家を購入する」のように、高額な買い物をする際などに使われる表現となります。

実際に清水の舞台から飛び降りた人は多い

 

約13mの高所にある「清水の舞台から飛び降りる」なんてことは不可能に近いように思われますが、実は昔は実際に飛び降りた人もいたようです。
しかも、1人2人といった数ではなく、結構な人数がいたのだとか。

江戸時代に飛び降りた人の数、なんと234人!

「清水寺成就院日記」という文献に記録が残っているのですが、その文献によると江戸時代に飛び降りた人は234人いたそうです。

落下者全体で234人、死亡者は34人だったとか。
生存率だけで見てみると、約85%ほどの人は生き残れたということになりますね。

なお、男女比は7:3と女性より男性の方が多かったとされています。
年齢では最年少だと12歳、最高齢では80代まで飛び降りたのだとか!
全体の73%が10代~20代だったとされています。

当時は清水の舞台の下に木々が生い茂り、地面も軟らかい土でした。
そのため生き残れる人も多かったのだと考えられています。
現在ではコンクリートで舗装されているため、状況は大きく変化しているということになりますね。

ちなみに、これだけ多くの人が飛び降りていることから、明治5年の1872年、京都府からは飛び降り禁止令が出されました。
非常に危険ですから、むしろそれまでなぜ禁止されていなかったのかと思ってしまいますね。

何のために飛び降りたのか

しかし、なぜわざわざ危険な「清水の舞台から飛び降りる」なんてことをしたのでしょうか?

これには、ちゃんと理由があります。
飛び降りた人たちは、諸願成就の願掛けをしていたのです。

清水の舞台は江戸時代当時、所願成就で飛び降りたとしても死ぬことはなく、怪我をせずに済むこともあるとされていました。
もしくは死んだとしても成仏できると信じられていたとされます。

そこから願掛けで飛び降りる人が増えたのだとか。
中には病を抱えた病人などもいたようですが、決して自ら死を望んでという悲観的なものではなく、なにか祈り事があって飛び降りた人が多かったのです。

他にもある、清水寺から生まれた言葉

 

古い歴史を持つ清水寺には、「清水の舞台から飛び降りる」の他にも由来となったとされる言葉があります。

檜舞台

「檜舞台」は。清水寺から生まれた言葉の1つです。

これは、自分の腕前を示す晴れの場所を指す言葉です。
特に立派で名誉な発表の機会などを表す際にも用いられることが多いですね。

「檜舞台の出る」といった用い方をします。

飛び降りる人もいたという清水の舞台の事を檜舞台といいます。
この檜舞台で舞を披露することができたら演者として一人前とされていた、ということに「檜舞台」は由来するとされています。

現代でも清水寺の檜舞台で狂言や能が舞われることもあります。
この檜舞台は、ご本尊である「十一面千手千眼観世音菩薩」に舞いを奉納する場所として整えられたものとなっています。

現在でも特別な行事のときは、清水寺の檜舞台で狂言や能が奉納されています。
そこから、一世一代の晴れ舞台を意味する「檜舞台」という言葉が生まれたと考えられています。

堂々巡り

「堂々巡り」も清水寺から生まれた言葉の1つとされています。
その意味は、話し合いや考えなどが同じような内容の繰り返しで先へ進まないこととなっています。

これは清水寺のお参りの際、僧侶などが祈願のために何度もお堂の周りを回ったことから転じて生まれたとされています。

まとめ

「清水の舞台から飛び降りる」は、大きな決断をしなくてはならないときなどに使われる表現となっています。

この清水の舞台がある清水寺では、かつて実際に飛び降りた人もおり、その数なんと234人にも上っています。
記録に残っていないものもあるだろうことを考えると、もっと多くの人が飛んでいるのかもしれません。

しかし、飛び降りても死ぬことはなく、怪我すらしないこともあるとされたので願掛けとして飛び降りていたのだとか。
それもあって、明治時代に京都府から飛び降り禁止令が出されたという歴史があります。

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事