勤労者が余暇を利用して創作した作品を展示した結果…

CzEltUdVQAAdenU(1) 出典:twitter
神戸の労働者福祉協議会が開催した作品展も画像がTwitter上で話題となっています。話題にあがっている作品展は神戸労働者福祉協議会が主催して行われたもの。「市内で働く勤労者の皆さんが余暇を利用して創作された作品を展示しております。」という説明書きがあるのですが、実際に作品の展示されているショーウィンドウを見てみると・・・。

風刺の効いた作品展?

この作品展の画像をTwitterに投稿してくれたのはTwitterユーザーの”たび♨︎@tabitter”さん。こんな作品展見たことないです!

▼作品展の説明、勤労者の方たちの余暇を利用して作った作品を展示と謳っていますが・・・。
CzEltUdVQAAdenUr 出典:twitter

▼実際ショーウィンドウの中身は空っぽ!
CzEltUdUkAEybaOr 出典:twitter


一体これはどいう事なのか?まだ展示前なのか?それとも片付けた後なのか?それとも、あえて何も展示をしないことによって、勤労者の余暇などないと、現代社会の闇を皮肉っているのか??

Twitterでの反応


この作品展を風刺と捉え、一つの作品として見ている方が多かったですね!投稿者の”たび♨︎@tabitter”さんもおそらくこの作品展を風刺と捉える意図を持って投稿されたんだと思います。実際に神戸労働者福祉協議会がそのような意図を持ってこの作品展を開催したのか、たまたまショーウィンドウに何も作品の入っていない瞬間だったのかは分かりませんが、”たび♨︎@tabitter”さんの投稿により、風刺として成立した作品展となりましたね!何だか”余暇”という言葉の意味について考えさせられるツイートでしたね!


※後で分かった情報によりますと、掲載した神戸労働者福祉協議会によると、たまたま張替えの時期だったようです。


出典:twitter

CzEltUdVQAAdenU(1)r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加