「使ってる道具で優劣をつけない」偶然出会ったカメラマンの言葉が心に響くと話題に

camera_free_01_630
みなさんは、写真を撮るのが好きですか?

最近では高性能のカメラやスマホ用のカメラレンズなど様々なカメラ製品がお店に並び、一眼レフカメラやコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を使って撮影する方が多くなったのではないでしょうか。

そんな中、TwitterユーザーのMr.aoken(@mr_aoken)さんが10年以上前に、あるカメラマンに言われた言葉が忘れられず、心に響くということで話題になっています!

▼ その言葉がこちら

出典:Twitter

周りが一眼レフカメラで電車を撮っている中、コンデジで申し訳なさそうに撮影するMr.aokenさん。

camera_free_02_630 ※画像はイメージです。

そんなMr.aokenさんの隣で撮影していた一眼おじさんに言われたこの言葉で、カメラマンとしての心意気・気持ちのあり方に気付いたそうです。

自分のカメラを好きになれない人にいい写真は撮れないし、人のカメラを貶すような人の写真には価値はない。君のカメラはいいカメラだよ。


高価で良いカメラを持っているから、安いカメラを持っているから…ではなく、どんなカメラでも自分のカメラを愛すことが写真を撮る上で大切なことだと、私たちも気付かされますね。

また、他人の持っているカメラも尊重すること、これがプロ・アマ関係なくカメラマンのあるべき姿なのかもしれませんね。

<投稿を読んだ人の反応>

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

いかがでしたか?私も今まで友達のカメラと比べて自分のものに優劣を付けていたので、この一眼おじさんの言葉を読んで反省しています…。今回ご紹介した投稿で、なんだかカメラに対する気持ちが少し変わったような気がしますね。



出典:Twitter

camera_eye_1
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加