見た目で判断しちゃいけないかも!?優先席で席を譲ったヤンキーの姿に思わず絶句


優先席では、お年寄りや妊娠している方、そして体の不自由な方がいたら席を譲る。

そんな電車でのマナーやルールがある中、俳優の松村凌太郎(@ryotaro_the_2)さんが目撃した優先席での出来事がTwitterで話題になっています。

一体どんな出来事だったのでしょうか!?

見た目で判断しちゃいけないかも!?


ある日、優先席にヤンキー風の人が座っていた時のこと。

とある駅で杖をついたお年寄りの方が電車に乗ってきたのですが、そのヤンキー風の人は譲らずにそのまま座っていたのだそうです。

しかし満席だったのでしょうか、近くにいたスーツの人がヤンキー風の人に注意をし渋々席を譲ることになったのですが、まさかの姿に松村さんは絶句してしまったようなのです!

▼ そんな松村さんの投稿がこちら


ヤンキー風の人が足を引きずりながら歩いていたとは…。きっとケガをしていてすぐに譲ることができなかったか、自分の中で葛藤をしていたのかもしれないですね。

そして松村さんは続けてこのようにツイートで語っています。


本当にそうなのかもしれませんね。見た目がヤンキー風だったり、若いからといって元気だとは限りませんもんね。

まぁでも、そのヤンキー風の人も「ケガしてるんで…」とか一言相手に伝えてもいいのかなとは思いますけどね。

<投稿を読んだ人たちの反応は…>


みなさんは、どう思いましたか?この寄せられた声にもあるように、「若者がしんどい時の席」があれば嫌な気分になる人も減っていくのかな~?なんて思ったりしますよね。

優先席については本当に考えさせられますね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ryotaro_the_2)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加