10ヵ月間鳥カゴに監禁!オランウータンの「ブティ」が無事保護される

24F0C2CF00000578-2921354-image-a-35_1421928501960r 痛ましいニュースです。
IAR(インターナショナルアニマルレスキュー)は2014年12月にインドネシアで10ヵ月もの間虐待を受けていたオランウータンの「ブティ」を保護しました。

「ブティ」生まれてから10ヵ月間鳥カゴの中で過ごしました。飼い主からは与えられる食事はコンデンスミルクのみだったそうです。
24EF9FF900000578-0-image-a-36_1421928576849r 彼の足や腕は栄養がしっかり与えられなかった為に、骨が形成不全で曲がってしまっています。

現在はIARの施設で快方に向かっているようですが、発見時は危篤状態にあったようです。
24EFA00700000578-2921354-Budi_is_given_some_water_using_a_syringe_after_being_rescued_fro-a-37_1421928576854r ブティの飼い主は、コンデンスミルクを与えていれば十分だと思っていたらしいのです。
なんとも無責任な言い分だと思います!

飼い主には虐待をしている意識はなかったのかもしれませんが、
飼い主の無知と怠慢であることは、それだけで虐待に値すると思います!
24EFA02B00000578-0-image-m-24_1421917572188r


<動画はこちら>

こういったケースは表に出ないものもたくさんあると思います。

「ブティ」の回復と、全ての飼い主が飼い主としての義務を怠らないことを願っています。

出典:IAR
出典:デイリーメール
出典:YouTube

24F0C2CF00000578-2921354-image-a-35_1421928501960r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加