【サッカー】キム・ミンヒョク選手のラフプレイについてのチョン・テセ選手のコメントが話題に

fd150408q002 2015年4月3日に行われたJリーグ1ステージ第4節の鹿島-鳥栖戦で韓国代表DFキム・ミンヒョク選手が鹿島MF金崎夢生に対して競り合って倒された際に意図的に踏みつけたとされる行為が話題となっていました。それに対して、Jリーグの規律委員会は公式戦4試合の出場停止処分にすると発表しました。


問題のシーン

このプレイについては、処分が発表される前からも大きな話題となっており、女子サッカーなでしこジャパンのFW大儀見優季選手も“許されるべき行為ではない”と非難のコメントを出していました。


イタリア人のJSportsコメンテーターであるチェーザレ・ポレンギ氏も処分に対して辛辣なコメントを。



日本育ちのチョン・テセ選手のコメントが話題に

fd150408q001 以前、川崎フロンターレで活躍した愛知県名古屋市生まれの在日コリアン鄭大世(チョン・テセ)選手は、ドイツのブンデスリーガも経験している中、外国人選手という同じ境遇を経験した中で、自身の考えを述べたコメントが紹介されていました。


チョン・テセ選手のこのコメントを見た人からは「海外経験が抱負なテセ選手は分かってる!」「北朝鮮代表のテセ選手は背負っている重みが違う」「とても真っ当で納得する」など賞賛のコメントが多く寄せられていました。

海外での選手生活で多くの批判も受けたことがあるテセ選手だからこそ、説得力があり納得できる内容になっているのでしょうね。

出典:Twitter 大儀見優季/Yuki Ogimi
出典:Twitter Shimpei Kanada

fd003323s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加