太宰治「芥川賞欲しい!お願いだ見殺しにしないで!」とながながと熱望する手紙が発見される

fd0907026
先日、お笑い芸人の又吉直樹さんが芥川賞を受賞したことでも話題となりましたが、又吉さんが尊敬してやまない太宰治が皮肉なことに芥川賞を受賞したくて堪らないのに成し遂げられなかったのはご存知でしょうか?

そんな太宰治が当時、芥川賞を熱望するあまり4メートルにも渡って選考委員である佐藤春夫氏に宛てた手紙が発見され話題となっています


なんと長さ4メートル!


fd0907025 出典:twitter.com

今回新たに見つかったのは、太宰治が芥川賞の選考委員も務める作家の佐藤春夫氏に宛てた手紙で、なんと長さは4メートル!そこには芥川賞を受賞できなかった悔しさや、受賞を熱望する気持ちが記されていました。


そんな手紙内容で印象的だったものを一部抜粋してご紹介します。

芥川賞は、この1年、私を引きずり廻し、私の生活のほとんど全部を覆つてしまひました

出典:nhk.or.jp

この手紙を書いた前年に太宰治は逆行という作品で第1回芥川賞の候補に選ばれるも落選してしまいます。その悔しい思いを1年間も引きずっていたんだというのが分かりますね。


こんどの芥川賞も私のまへを素通りするやうでございましたなら、私は再び五里霧中にさまよはなければなりません。佐藤さん、私を忘れないで下さい。私を見殺しにしないで下さい。いまは、いのちをおまかせ申しあげます

出典:nhk.or.jp

そして、次の芥川賞に対しての気持ちを選考委員でもある佐藤氏に対してぶつけています。なんとしてでも受賞したい太宰治が芥川賞を熱望する気持ちが表れていますね。


そんな新発見にネットでは


この新たに発見された太宰治の手紙を見た人達の声がTwitterに投稿されていたのでご紹介します。


本当に心の底から芥川賞が欲しかったんでしょうね!

出典:twitter.com


たしかに普通なら4メートルにもおよぶ手紙なんて書けるもんじゃないですよ。これぞ情熱!

出典:twitter.com


誰だって欲しいものは欲しい。そんな素直な気持ちが人間味あって良いですよね!

出典:twitter.com


芥川賞の受賞を熱望する太宰治が選考委員であった作家の川端康成などに受賞させて欲しいと懇願していたことは有名な話ですが、太宰治を尊敬して止まない又吉直樹さんが芥川賞を受賞して話題となった年に、芥川賞の受賞を熱望する太宰治の手紙が新発見される。何か運命的なものを感じてなりませんね。


出典:nhk.or.jp

fd0907027
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加