「お世話になったお礼です」93歳のおばあちゃんが2700万円相当の救急車を寄贈!

wst1503270060-p1 奈良県の吉野町在住の北室福子さん(93)がなんと、救急車を寄付したというニュース!救急車って寄付されることあるんだ!と驚いた方も多いでしょう!個人での救急車の寄付は非常に珍しいことだそうです。

お世話になったお礼

北室さんは「これまで病気やけがで救急車のお世話になったことがあり、そのお礼です」と話しているそうです。

 奈良県吉野町在住の北室福子さん(93)が、県広域消防組合吉野消防署に高規格救急車1台を寄贈した。同署には救急車が4台あるが、更新時期を迎えた1台を、寄贈された救急車と交代させるという。

 高規格救急車は、排気量約2,600ccの四輪駆動車。一般の救急車より内部が広く、人工呼吸器などの機器も備えており、走行しながら救急救命士による救命措置を行うことができる。

 高規格救急車は車体価格が約2,000万円で、装備を含めると約2,700万円に相当するといい、個人による救急車の寄贈は珍しい。北室さんは、「これまで病気やけがで救急車のお世話になったことがあり、そのお礼です」と話している。

 県広域消防組合副管理者の北岡篤・吉野町長は「安全・安心のまちづくりのために使っていきたい」とした。

出典:sankei.com

感謝の気持ちをこのように形で表すという事は素晴らしい事ですね!

この方の影響かは解りませんが、群馬県の高崎市でも3月ごろに消防局に市内に住む80代の女性から救急車の寄付に関しての問い合わせがあり、実際に5月15日にこの女性から、救急車の購入に使ってほしいと4,000万円の寄付があったそうです。

救急車で2回病院に搬送された経験があるという女性は、取材に「救急車は困った人、苦しんでいる人を病院に運んでくれる。こんなありがたいものはない。提供できることになり、幸せです」と話した。

出典:asahi.com

この救急車寄付のニュースは海外の掲示板などでも話題になり、「日本のお婆ちゃんは凄い!!」と話題になっています!

おふた方とも素晴らしいお金の使い方だと思います。非常にありがたいことですね!ありがとうございます!


出典:sankei.com / asahi.com

wst1503270060-p1r
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加