「そこだけ時間が止まっていた」福島第一原発周辺を外国人カメラマンが撮影【画像】

main
あれから4年半、福島第一原子力発電所周辺は一体どうなっているのか?

この度、外国人カメラマンが福島第一原子力発電所周辺を撮影。その貴重な画像をご紹介します。


撮影されたのはこの方。ポーランドのフォトジャーナリストであるArkadiusz Podniesinskiさん。取材クルーと共にドローンも駆使しながら、防護服を身に着け、第一原発から20km圏内・福島県双葉郡に撮影に入ったとのことです。
2D289E5B00000578-0-Photographer_Arkadiusz_Podniesinski_pictured_wearing_his_protect-m-139_1444230951897_R

第一原発から20km圏内にある公園。
2D289C0700000578-0-image-a-119_1444229829220_R
茂みの中に残された大量の車両。
2D289E2300000578-0-image-m-115_1444227549204_R 2D289BF800000578-0-image-m-116_1444227588156_R 2D289C6700000578-0-image-m-118_1444229752662_R
山積みのテレビ。
2D289E8B00000578-0-image-m-122_1444230020558_R
宴会場は食器などが並んだまま。
2D289E1F00000578-0-image-m-133_1444230597679_R
床が陥没した学校の体育館。
fafa_R
大量の汚染土を入れた袋(ドローンによる撮影)。
2D289E5700000578-0-image-a-123_1444230083473_R 2D289DA100000578-0-image-a-126_1444230160956_R 2D289BEB00000578-0-To_save_space_the_radioactive_bags_of_soil_are_stacked_on_top_of-a-124_1444230141885_R
商品が散乱しているスーパー。
2D289E0300000578-0-image-m-129_1444230360824_R
自転車が置かれたまま。
2D289E4B00000578-0-image-m-130_1444230405307_R
第一原発の近くにあるスーパー。
2D289E0B00000578-0-image-m-132_1444230545411_R
ガイガーカウンターは6.794uSV/hを示す。
2D289CA600000578-0-image-m-120_1444229870768_R
学校の教室。
2D289C8700000578-0-image-m-137_1444230808173_R
パソコンも当時のまま。
2D289C3B00000578-0-image-m-128_1444230292463_R
農場にいる牛。
2D289C7300000578-0-image-m-136_1444230778944_R
この地域に残っている方が牛を放牧中。地割れした大地。
2D289B9A00000578-0-image-m-121_1444229950025_R

浪江町・双葉町・大熊町は未だに帰宅困難区域、飯館村・富岡町は居住制限区域となっています。今回、撮影を行ったArkadiusz Podniesinskiさんは、「ここだけ完全に時間が止まっているということを、ただ実感した」と話しています。


黒板には、学生たちが書き残した文字…“必ず復興する!”
2D289E6F00000578-0-image-m-134_1444230678858_R


出典:www.dailymail.co.uk

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加