廃墟になった東京が舞台の自主制作アニメ“ぼくのポピー”が心癒される

fd000543 イラストレーターのへちまさんが作った自主制作アニメーション“ぼくのポピー”がYouTube上に公開されており話題になっていましたので紹介します。わずか1分51秒の作品ですが、ファンタジックでどこか切なく、また心温まる作品です。



廃墟となった東京
fd000536

一輪のポピーの花と一緒に暮らす少女
fd000537

ある日、そのポピーの鉢を崖から落としてしまう
fd000538

ポピーをつかめたものの自分も落ちてしまう
fd000539

見つめる先に光るタワー
fd000540

光る羽が少女を助ける
fd000541

タワーを見つめる少女
fd000542

<フル動画はこちら>


fd000543s
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加