ファッションモデルは93歳のおばあちゃん!カラフルで個性的なストールがInstagramで話題に!

83f591dfr 出典:blog.livedoor.jp
このカラフルなストールを着こなす女性は”えみこおばあちゃん”御年93歳!!このストールは「さをり織り」という技法で織られたもので、”えみこおばあちゃん”の孫の”森千波”さんの作品です。彼女のカラフルな作品んと、モデルのおばあちゃんのかわいさも相まって、現在彼女のインスタグラムでの作品公開が注目を集めています。

インスタグラムの投稿



#1000weave#weaving#love#happy#yarn#fur#saoriweaving#handmade#colorful#knit#wool#fur#stole

mori chinamiさん(@1000wave)が投稿した写真 –


#heart#❤#love#1000weave#tgcemk#grandma#93yearsold#weaving#happy#yarn#handmade#colorful#knit#wool#model

mori chinamiさん(@1000wave)が投稿した写真 –



▼instagramjapanからも紹介されています。

森千波 (@1000wave) さんが作るビビッドな色合いの織物を見事に着こなすのは、祖母のえみこさん、御歳93歳。織物には“さをり織り”とよばれる大阪で発祥した手織りの手法を用いている。「裂いた布でもなんでも織り込めるものであれば、ルールはありません。何にもとらわれず、思うままにカラフルに織り成せる最高の織物です」と話す千波さん。自由でカラフルな世界感から生まれる織物をカメラの前で表現できるのは、ほぼ毎日作業場で一緒に時間を過ごすおばあちゃんしかいない。「世界で一番好きな身内です。おばあちゃんを楽しませて、自分自身もおもいっきり楽しんでいます」 Photo by @1000wave

Instagram Japanさん(@instagramjapan)が投稿した写真 –


「さをり織り」って何?と気になった方へ

「さをり織り」は、1972年に大阪の主婦、城みさをによって生みだされた最も簡単な「はた織り」のひとつです。名前の意味は、それぞれが持つ個性・感性を織り込む、つまり「差異を織る」ところから来ています。
 「さをり織り」の理念は、「教えないで引き出す」「思いのままに織る」に集約されます。色彩や素材・織り方も自由という制約のないところが、既成概念にとらわれない障がいを持つ人たちにも向いており、感性豊かな作品が全国で次々生まれています。

出典:artsaori.net

森千波さんの作品は、インスタグラムのDMでオーダー可能だそうです。気になった方はぜひ、森さんのインスタグラムをチェックして見てください!

森千波(1000wave)さんのインスタグラムユーザーページはこちら

海外からも注目を集めている森千波さんの作品とえみこおばあちゃん、今後の活躍にも期待ですね!


出典:instagram / artsaori.net

83f591dfr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加