CAさん直伝“スーツケースのきれいな詰め方”をメモした図説が分かりやすい!

main 出典:twitter.com

CAさんが教える“スーツケースのきれいな詰め方”をメモした図説が分かりやすい!と話題になっているのでご紹介します。

出典:twitter.com
CdjHvjuUsAA5CEU_R 出典:twitter.com

NHKの情報番組「あさイチ」(3月15日放送)の特集を見て備忘録がてらメモしたという図説。どの位置に何を入れるか、どのようにして入れるか、手順を分かりやすくメモされています。また、文字も線画も見やすくて親しみがわいてきますね。

これは年間140回以上のフライトをこなす客室乗務員直伝の「スーツケースのきれいな詰め方」(服にシワを作らない!)だそうです。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com


以下、スーツケースにきれいに詰めるための手順になります。

手順

1.スーツケースの持ち手側の凹凸を埋めるように、薄手でシワになりにくい衣類(キャミソールやTシャツなど)を丸めて詰め、その上にクッションとなるように部屋着をのせます。

2.部屋着の上に、重くて壊れやすい電化製品(ドライヤーなど)や、化粧ポーチなどの重たいものを詰めます。※キャスター付近に重い荷物を詰めることで、安定して運びやすくなるそうです。

3.さらに、重たいものの上にクッションとなる軽くて小さい下着や靴下を詰めます。※詰める際に洗濯ネットに入れると内容物が分かりやすく、ブラジャーも専用の洗濯ネットに入れれば、型崩れの心配がありません。旅行から帰って来た際に、そのまま洗濯物へ!

1_R 出典:twitter.com

4.残った衣類は、「シワになりやすいもの」と「シワになりにくいもの」に分別し、蓋側に詰めていきます。

5.シワになりやすいスカートは、裏返して同じ幅になるようにたたみます。パンツは、ひざ側の折り目に沿ってたたんで腰の方から丸めます。プリーツのワンピースなどは、腰からではなくプリーツに沿った方向に丸めていきます。

6.丸めた洋服は、上からの重みでシワにならないように、上の方に縦にして詰めます。縦に詰めると、入れた時とほぼ変わらないきれいな状態をキープできるそうです。

2_R 出典:twitter.com

7.シワになりにくいもの(セーターやカーディガンなど)はクッションとなるように、シワになりやすい衣類の下の空いている空間に詰めます。

3_R 出典:twitter.com


さすがにCAさん直伝の手法は参考になりますね。スーツケースにきれいに詰めることができて、開けた時には詰めた時と変わらない状態をキープできているなんて…。素晴らしいです。



出典:www1.nhk.or.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加