【要注意】猛毒キノコ「カエンタケ」が宮城の公園で発見 灼熱の激痛・生命にも関与

main 出典:ja.wikipedia.org


最強の猛毒キノコといわれる「カエンタケ」が宮城県内の公園で発見されて、広く注意喚起が促されるなど話題となっています!

見た目からして、地獄からのびている手のような… とにかく危険な雰囲気がプンプン漂うこの「カエンタケ」というキノコ。見た目通りに本当に危険です!

出典:twitter.com

最強の毒キノコ「カエンタケ」が宮城県内の公園で発見されたと、「OH!バンデス・ミヤギテレビ」2016年9月1日の放送で報じられたそうです。赤く細長い指のような形をした毒キノコで、触れただけで灼熱の激痛が走り、皮膚がただれてしまうといいます。食べるなんてもってのほか!摂取すると数十分で嘔吐や手の痺れを引き起こし、最悪の場合死に至るといいます。

摂取した数日後、消化器不全や小脳萎縮による運動障害などの脳神経障害により死に至ることもあるそうです。


カエンタケ(火炎茸・火焔茸、Hypocrea cornu-damae)は、ニクザキン目ニクザキン科ニクザキン属に属する子嚢菌の1種である。極めて強い毒性を持ち、食べると死亡率が高く、触ることすら危険である。

出典:wikipedia


カエンタケが見つかったのは、大衡村にある「万葉クリエートパーク」で、仙台キノコ同好会の佐々木勲さんが偶然発見したそうです。

fawfea_R 出典:wikipedia


絶対に触らないように!

出典:twitter.com


宮城ではここ数年、あちこちで発見…過去には関西や山形でも

「カエンタケ」は、ブナやコナラなど、ナラ類の広葉樹林の地上に群生し、宮城ではここ数年で、「多賀城廃寺跡」や「台原森林公園」などで発見されているといいます。また、過去には奈良や山形でも「カエンタケ」が発見されて話題になりました。木の根元だけでなく、ベンチの下や遊歩道の脇などで発見された例もあるので、子供が間違って触らないように気をつけて欲しいのとのことです。

こちらは過去に山形森林管理署最上支署が告知した「カエンタケ」に関する注意喚起文。併せてチェックしてみてください。


(寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


9月~11月は、きのこ狩りのシーズンです。「カエンタケ」を発見した場合、間違えて触ってしまったり、摂取してしまわないように気をつけましょう!身近な公園でも発見事例がありますので、特に小さいお子さんのいるご家庭は注意してください!



出典:ja.wikipedia.org / j-town.net

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加