吹抜け空間に“日本相撲協会監修の土俵”を設置! 両国駅に開業した施設が楽しそう!

mainmain
出典:www.jrtk.jp

吹抜けの空間に“日本相撲協会監修の土俵”を設置!?JR両国駅に開業した施設が楽しそうだと話題になっているのでご紹介します!

話題の施設は、11月にJR両国駅旧駅舎(1929年に建造)を全面リニューアルして誕生した「‐両国‐ 江戸NOREN」。「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトにした複合飲食施設だそうです。館内には江戸の町屋を意識した吹抜け空間が広がり、食だけにとどまらず江戸の伝統や文化を楽しめるイベントや催事を行っていくそうです。

風情ある屋台などもある空間で、江戸の活気を再現。

ryougokuopen_001_R
出典:www.jrtk.jp

また、12の飲食店では江戸の「味」「素材」「料理人」のこだわりが満載。粋な江戸の食文化を堪能できます。

d15279-34-664739-3_R
出典:www.jrtk.jp

dawdeaw_R
出典:www.jrtk.jp

そして、何よりもインパクトがあるのが、日本相撲協会監修の土俵が設置されていることです。江戸時代から両国で興行が行われていた相撲の魅力を発信する新たなスポットとなりそうです。

WS000000_R
出典:www.jrtk.jp

店舗や各種イベントなどの詳細は以下をご覧ください。
両国-江戸NOREN

土俵のすぐそばで、粋な江戸の食文化を楽しめるスポットはここだけですね!グルメな方、相撲好き、江戸の食文化に興味のある方はぜひチェックしてみてください!


出典:www.jrtk.jp / prtimes.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事