「ホントにできるの!?」Facebookが“脳で考えた文字を入力“する技術開発へ…その実現については賛否両論

main
出典:写真AC

「ホントにできるの!?」「実現したら怖いな」

Facebookが“脳で考えた文字を入力“する技術開発を推進していることを発表。その実現については、賛否両論が寄せられるなど話題となっています。


出典:twitter

Facebookは、カリフォルニア州・サンノゼで19日に開催した開発者向けのイベントで驚きのプロジェクトを推進していることを明かしました。それは、人間の脳の活動を読み取り、頭の中で考えている文章を文字として入力するものだそうです。

本当にそんなことが可能なのか!?と思ってしまいますが、研究チームのリーダーであるレジーナ・デューガンさんは、「不可能なことのように聞こえると思いますが、そう遠くない時期に実現し、スマートフォンを指で操作するよりも5倍速く入力できるようになるでしょう」とし、新技術の確立に向けてコメントしていたそうです。


出典:twitter

1分間に100の単語の入力を目指す

では、どうやってそんなことを可能とするのか?Facebookによると、外科手術によって頭に電極を埋め込み、脳からの指示で文字を入力する技術はすでに存在するということですが、同研究チームでは帽子のようなものを頭にかぶり1秒間に100回という高速で脳をスキャンし、活動を読み取る技術を開発しているとのこと。

開発は初期段階といいますが、人工知能の分野の専門家を多数集めてプロジェクトは推進されているようです。

この驚きの技術に対しては、さまざまな声が寄せられていました。


出典:twitter


出典:twitter


出典:twitter


出典:twitter

デューガンさんによると、脳のインプラントにより、すでに1分間で8語のタイプが可能であるとしています。将来的には障害者支援などにも役立てることが期待されているといいますが、この技術の実現と応用にはさまざまな意見が出てきそうですね。


出典:twitter / nhk


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事