何だあれは!?と思ったら…発電機にアライグマがはさまっていた→無事に救助される


アライグマの頭がすっぽりとはさまってしまうという出来事が話題となっています!

場所はアラスカ大学サンフランシスコキャンパスの発電所。スチールパネルの発電機の正面にある小さな開口部からアライグマの頭部が突き出てていたそうです。


遠目から見ると??ですが…


あ、アライグマ!!一体どうやってここに入ってしまったのでしょうか。


アライグマは興奮して暴れていたようですが、後に駆けつけた獣医師がアライグマをなだめて落ち着かせ、ベビーオイルを体に塗ることで引き抜くことに成功したようです。


無事に救出されてよかったですね!アライグマは検査を受けた結果、特に身体に異常はなく、解放されると元気に走っていったそうです。発電機からアライグマの顔が出ているなんて、想定外の出来事でしたね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典: Twitter(@OfficerEdith)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加