クリスティアーノ・ロナウドの銅像がイケメンの本人とは程遠いものだった

サッカー界の2大スーパースターといえば、クリスティアーノ・ロナウド(C・ロナウド)とリオネル・メッシ。今回ご紹介するのは、C・ロナウドにまつわる出来事です。

C・ロナウドはそのあまりにも凄い活躍ぶりから、サッカー界のみならず、社会にも大きな影響を与えています。ポルトガルにあるマデイラ空港は、2016年7月22日、同島出身のクリスティアーノ・ロナウドにちなんだ「クリスティアーノ・ロナウド・マデイラ国際空港」に名称を変更することを承認。2017年3月29日より、空港名になっているのです。

そして、そのことを記念して作られた銅像がこちらです。

本人とは似ても似つかない銅像です。本人はこの銅像を見てどういう気分だったのでしょうか。しかし、ご安心ください。各方面からのクレームが寄せられたこともあり、現在は改良されて本人そっくりのイケメンな銅像となっています。

それがこちらです。C・ロナウド感がにじみ出ていますね。イケメンです!それにしても、最初からこの精度で作ることはできなかったのでしょうか。いずれにせよ、作り直してよかったことには間違いありません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ESPNUK) / Twitter(@ANDplanetcom)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事