ジブリパークが2022年に開業予定!「もののけの里」「魔女の谷」などデザイン案を公開!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園にオープンするということで大きな話題を呼んでいる「ジブリパーク」が、なんと2022年度中の開業を目指すことを愛知県が公式サイトで発表しました!

そしてさらに、ジブリパークのデザイン案も公開されたのでご紹介します!

青春の丘エリア

『耳をすませば』の内容と、愛知青少年公園時代に管理棟があったことからエレベーター棟周辺を「青春の丘エリア」と名付けたのだとか。

そこでは『耳をすませば』の地球屋を再現するそうです。

ジブリの大倉庫エリア

2018年9月末にに営業を終了する温水プールの空間を、通年天候に左右されずに楽しめる施設にリニューアル!

たくさんの展示物を収蔵し、楽しさがいっぱい詰まった大空間になるようです。

もののけの里エリア

このエリアには、『もののけ姫』の「タタリ神」や「乙事主」をモチーフにしたオブジェができるみたいですよ!

魔女の谷エリア

大芝生広場近くに『ハウルの動く城』の「ハウルの城」や、『魔女の宅急便』で出てくるキキとジジの家である「オキノ邸」など、遊戯施設ができるのだとか。

どんどこ森エリア

「サツキとメイの家」があるところを、『となりのトトロ』でサツキとメイがトトロと一緒に踊った「どんどこ踊り」にちなんで「どんどこ森エリア」と名付けたそうです。

いかがでしたか?ますますジブリパークの開業が待ち遠しいですね!開業まであと4年。もうすでにワクワクしています♪(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:pref.aichi.jp

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事