あの夏の授業で学んだ人生の教訓『“無理して耐えること”には何の意味もない。』


今年の夏は記録的な猛暑。
ニュースでも学校にクーラーを設置する/しない等の話題が飛び交っていますよね。

今回ご紹介するエピソードは、十数年前の夏、Twitterユーザーのガガ(@Gagateras)さんが体験したもの。

その日、ガガさんがクーラーの無い教室で授業を受けていると…

あの夏の授業で学んだ人生の教訓


(※ツイート中の目が「見えなり」は誤字で、正しくは目が「見えなくなり」です。投稿者の方も別ツイートで訂正しています。)

う~ん、これはなんというか…。ある意味めちゃくちゃ大事なことを教えてくれた授業ですよね。特に若いころなんかは、暑いけど頑張らなくちゃいけない、誰かが頑張っているから頑張らなくちゃいけない、と考えてしまいがちですが、無理して倒れてしまったら本当に何の意味もないですもんね。。。


因みにガガさんの補足によるとこの先生は、「俺のほうが頑張っているんだからお前らも甘えるな」的な根性論を振りかざしていたのではなく、“生徒もこの暑さで頑張っているから自分も頑張らなきゃと思って無理をしてしまった”という感じだったそうです。

先生頑張り過ぎちゃったんですね。
皮肉なことに、その頑張りによって『無理して耐えることに何の意味もない』という教訓を身をもって示すことになってしまいましたが…。

さてさて、今年の夏はまだまだ猛暑が続くとのこと。皆さんくれぐれも、暑さに無理して耐えることなくゆるゆると夏を乗り気って下さいね!特に今年の夏は暑すぎますから、自分に優しすぎるくらい優しくして、水分や塩分の補給、こまめな休憩も忘れないでくださいね!!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@Gagateras)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加