その優しさは誰のため?「こんなにやってあげているのに!」と腹立たしく思う人に読んでほしい漫画


私がこんなによくしてあげているのに…

そんな風に思ってしまったことはありませんか?
今回ご紹介するのは、漫画家のさわぐちけいすけ(@tricolorebicol1)さんが、好きな人に優しくしたい時に忘れないようにきをつけていることを描いた漫画作品。

では、早速ご覧ください。

その優しさは誰のため?






これは心に刺さるなあ…(苦笑)

確かに誰かに優しくした時に、相手から思ったような反応が返ってこないと、ちょっとしょんぼりしてしまったりしますよね。。。

でもさわぐちさんの言う通り、それは「自分がそうしたいから優しくした」だけのこと。
その優しさが、相手にとってありがたいことなのかそうでないのかもわからないし、反応や見返りがあればラッキーだけど、無反応だからだといって、それを嘆くのはお門違いかもしれまんね。

この漫画に対する反応

この作品には…

「生きるための最高の知識をありがとうございます」
「いつも勉強になります。」
「私は分かっていても見返りを求めてしまいます。。」


等々、様々な意見が寄せられました。

いかがでしたでしょうか?
「自分がそうしたいから優しくした」。これを念頭に置いておくだけで、相手の反応に一喜一憂することは減りそうですよね。今回ご紹介したさわぐちけいすけさんの公式ホームページは下記からご覧いただけます。この機会にぜひ覗いてみて下さいね。

さわぐちけいすけ公式サイト

【さわぐちさんの著書】
妻は他人 (Amazon)
人は他人 (Amazon)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@tricolorebicol1)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加