美味しさを長持ちさせる方法、みんな知ってた?ブドウ農家直伝の保存方法に反響の声

8月~10月頃が旬の、ジューシーで甘酸っぱいブドウ。思いのほかたくさんもらって食べきれなかった時、みなさんはどのように保存した方がいいかご存知ですか?

きっと一粒一粒、枝に付いたままにしている人が多いのではないでしょうか。実はブドウの美味しさを長持ちさせる良い方法があったのです!

その保存方法をTwitterユーザーのレオ上等兵(@time4411)さんが教えてくれました。ブドウ農家直伝の豆知識だそうです!

▼ その投稿がこちら

なるほど。枝から引きちぎらず、だいたい2~3ミリくらいのところでこのように切るだけで長持ちするんですね。知らなかった!

でもそれって冷蔵庫に保存する場合じゃない?と思いますよね。レオ上等兵さんの場合は冷蔵庫に入れず、25度くらいの常温の場所で保存したようですが、半月は大丈夫だったみたいです。

寄せられた声

本当に良いこと聞きましたね。私も帰宅したら、お家にあるブドウをカットしてみようっと。

ちなみに今回レオ上等兵さんが投稿した写真のブドウは、山形県産の安芸クイーンなんだとか。

そんなブドウの保存方法を教えてくれたレオ上等兵さんですが、「異常気象のなか懸命に育ててくれた作り手さんに感謝し、早いうちに食べてほしい」と、最後にコメントしていました。

少しずつ食べて保存するのもいいですが、心を込めて作ってくれた農家のみなさんのためにも買ったらすぐに食べるのが一番ですね。

ピオーネの栄養値やジャムの作り方をご紹介している記事はこちら
皮も食べれるピオーネ・皮のむき方・食べ方・栄養
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@time4411)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事