世界最古メソポタミア料理のバターケーキ作りに挑戦!その完成度と味やいかに!?

現在発売中の書籍「子育て陰陽師」の著者である真楠ヨウ(@yomakusu)さんが、なんと世界最古であるメソポタミア料理のバターケーキ作りに挑戦しTwitterで話題になっています!

ほうほう、こちらのジャン・ボテロさんが書いた「最古の料理」を参考に再現してみたのですね。

▼ 使用した材料がこちら

右上にはナツメヤシの実であるデーツ、そしてその横にあるバターの大きな塊!!カ、カロリーが……恐怖を感じるくらい量が尋常じゃないですね(笑)

しかもその量は、201グラムもあるようです!ヒィィイイ!!!(汗)

そのバターをすべて使い、このように他の材料と混ぜ合わせて焼くだけですかね!?

さぁ、一体どんな感じに仕上がるのでしょうか!?

最古のバターケーキ、その完成度やいかに!?

おぉ~!美味しそう!!溢れ出てきたバターの油の量を見て、またカロリーの恐怖を感じてしまったけど(笑)

そして完成した、メソポタミア料理のバターケーキがこちらです!!

この盛り付け方がまた良いですね~。なんとなくですが、この葉っぱが良い感じにメソポタミア感を演出していますよね(笑)

気になるお味の方は…?

なんだかバターの主張が激しそうですね(笑)

そしてさらに真楠ヨウさんは、このメソポタミアを再現したバターケーキと近所で買ったバターケーキの食べ比べをしてみたそうです。

▼ 紀元前バターケーキの感想

▼ 紀元後バターケーキの感想

いかがでしたか?なんだか真楠ヨウさんの投稿を見ていたら、メソポタミアのバターケーキを食べてみたくなりますね。きっと一口で胸焼けしてしまうかもしれないけど…(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@yomakusu)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事