ついにここまで来たか!AI技術を活かした世界初のバーチャルニュースキャスターがリアル過ぎる!

「ついにここまで来たか!」「まさかのAIキャスター」

AI(人工知能)技術を活かした世界初のバーチャルニュースキャスターがリアル過ぎる!と話題になっているのでご紹介します!

こちらは、中国の国営新華社通信が公開したAIキャスター(インターネット検索大手「Sogou(捜狗)」との協力により開発)。同国で開催された「World Internet Conference」で紹介されました。

異なるキャスターが中国語及び英語で対応。英語で対応するキャスターは、「私は北京のAIキャスターです」「最新ニュースを届けるため、疲れることなく働くことができます」などと話しています。

実物のキャスターのように原稿を読み上げる様子には、ただただ驚きです…。パッと見た際には、AIと言われなければ分からないほどです。

声がちょっと堅いかな!?というところはありますが、まばたきや口の動き、表情などがあまりにもリアルです。

経費削減や効率性の向上に期待

AIキャスターが登場する動画ニュースは、新華社の公式サイトのほか、WeChatアカウントやWeiboアカウントなどソーシャルメディア上での視聴が可能となっています。

新華社は、24時間原稿を読み上げることを可能とするAIキャスターの存在により、ニュース報道に要する経費削減や効率性の向上につながると期待しているそうです。いずれ、AIキャスターが報道を席巻する時代がやって来るのでしょうか。

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Xinhua's first English AI anchor makes debut)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事