「宇宙という先進分野で見つかるのが凄い」宇宙ステーションのロッカーからフロッピーディスクを発見!


国際宇宙ステーションのロッカーからフロッピーディスクが発見されて話題となっています!

この出来事を伝えたのは、宇宙飛行士のAlexander Gerst@Astro_Alexさん。こちらが反響を呼んでいるツイートです。


Alexander Gerst@Astro_Alexさんが宇宙ステーションの中で開いたロッカーから出てきたそうです。中身も気になるところではありますが…。

1970年代に登場したフロッピーディスク。プラスチックのジャケットに収められた一枚の磁気ディスクに、データを記録できる記憶メディアでした。

それにしても、宇宙空間において、歴史を感じられる出来事が起こることも凄いですよね。ネットユーザーからも多くの反響が寄せられていました。

(寄せられていた声)

・ISSにフロッピーが!?そんな前から稼働してるんでしたっけ? 

・こっこれは…。今や化石ですな。 

・宇宙という先進分野で、フロッピーが見つかってしまう時代。 

・今まで、ロッカーをどれだけ開けていなかったんだろう…。


国際宇宙ステーションの中で、フロッピーディスクが浮いている絵も斬新ですね!宇宙ステーションの中には、まだまだ懐かしいアイテムが隠れているのかもしれません。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Astro_Alex)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加