野菜にもストレスがあるとは…!白菜の白い所に出る黒い点々の正体にビックリ


うー、寒い!11月も後半になり、徐々に寒くなってきた今日この頃ですが、そんな時に食べたくなるのが鍋ですよね。熱々のスープにお肉やお魚、野菜などを入れて食べると、心も体も温まります。

さて、そんな鍋の具ですが、前々から気になっていたことがありました。それは白菜の白い部分にあらわれる黒い点々。

発見した時、あ、腐っちゃったかな?とか、え?カビが生えてる?なんて思った経験はありませんか?

そんな疑問を大阪の総合園芸会社、国華園(@KOKKAEN_PR)さんが公式のTwitterアカウントで教えてくれました。

白菜に出てくる黒い点々お正体とは?


へー!黒い点々の正体は、カビでも病気でも虫食いでもなく、『ゴマ症』という生理障害だったのですね!

食べても無害だし、味にも影響がないとのことで安心しました。これからは黒い点々があっても、不安に思わず、もりもり白菜が食べれますね!

投稿に寄せられた声


国華園さんによれば『ゴマ症』は白菜だけでなく、小松菜などにも現れる症状なのだとか。

気にせず食べてしまって大丈夫とのことで、安心ですね。しかし野菜にもストレスがあるのですね!勉強になったなぁ。

私たちはもりもり野菜を食べて、ストレスと寒さを吹き飛ばして寒い冬を乗り切りましょう!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@KOKKAEN_PR)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加