言われてみれば似てる!?犬だと思って5分くらい話しかけていた相手はまさかの‥(笑)

2019.11.5


色や形から何かを見間違えてしまうことってありますよね。しかし、Twitterユーザーの@kotaro_changさんが愛犬と見間違い5分くらい話しかけていた相手はまさかのモノでした!

その面白エピソードが話題になっているのでご紹介します。

たしかに似てるかも(笑)


水溜まりの側に柴犬の小太郎くんがゴロンと横たわっているのを見て、「足が濡れるから戻っておいでー」と話しかけていた@kotaro_changさん。

ところが、小太郎くんだと思っていたものの正体は・・・


!!??


イ‥モ!!!

そう、まさかの干してある芋の集団でした(笑) よく見たら違いは歴然ですが、サイズ感や色・全体のシルエットがワンちゃんっぽいですよね。

ちなみに、その時の小太郎くんはというと・・・


そんな珍パプニングが起きているとは知らず、スヤスヤお休み中だったようです(笑)

@kotaro_changさんによると元々裸眼が0.1以下だそうで、それに加えて産後の視力低下や赤ちゃんの夜泣きによる寝不足などが合わさり、まさかの見間違いが起きてしまったようです。ちなみに芋を干していたのはお義母さんでした!なんともほっこり可愛らしい見間違えエピソードですよね。


視力が悪い人、またそうでなくても動物を飼っていると同じようなサイズ感や色のものと見間違えてしまうことって意外と多いような気がします。それにしても芋とワンちゃんの見間違えはやっぱり面白いですね(笑)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kotaro_chang)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加