1996年のネットサーフィンが懐かしい!当時のインターネットを再現した動画に反響

出典:Twitter(@nhk_nethistory)

1996年のネットサーフィンが懐かしい!当時のインターネットを再現した動画に多くの声が寄せられるなど話題となっています。

1996年といえば、Yahoo! JAPANがサービスの提供を開始し、ソニーはインターネット接続サービス「So-net」を開始。米 Microsoftが「Internet Explorer 3.0」を発表した年でもあります。当時のネットを体験している方にとっては、なかなか懐かしい動画だと思います。

動画を制作して投稿したのは、来年1月にEテレでの放送が予定されている番組「平成ネット史」(仮)の公式ツイッターアカウントです。


当時を知っている筆者からすると、少々画像の読み込みが早いような感じもしますが、アイコンなども含めてこの雰囲気がとにかく懐かしいですよね。そして、砂時計も久しぶりに見ることができました。

この動画に対しては、「懐かしい」という声や「画像が出るのが早すぎる」といった声など、様々な声が寄せられていました。






確かに、大きなデータをダウンロードする際にはかなりの時間がかかりました。まさに「寝て待つ」ことが多かった記憶があります。

「Windows95」の発売から20余年。日本のネット史を紐解く番組「平成ネット史」(仮)は、前編・後編の放送になるそうです。

「平成ネット史」(仮) 
※Eテレで放送予定 
【前編】1月2日(水)午後11時30分~深夜0時30分 
【後編】1月3日(木)午後11時~深夜0時


番組には、堀江貴文さんらをゲストに招聘し、これまでのネットの変遷と未来のネットについて検証するそうです。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@nhk_nethistory) / nhk

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加