子犬を抱いて30km完走!マラソン大会中に子犬を保護した女性が話題に

出典:Facebook(Polsin Sinsamoe)

タイで行われたマラソン大会にて、とある参加者の女性の驚きの行動が注目を集めています。

バンコク在住のKhemjira Klongsanunさんは、フルマラソンの最中に、一匹の子犬を発見しました。それは、11kmほど走った地点でのことです。
周りには飼い主も、母犬らしき姿も見当たりません。彼女はレースをいったん中断し、子犬を保護することにしました。

しかし、そこからの彼女の行動が凄かったのです!
Klongsanunさんは、子犬を抱くと、そのまま残りの約30kmを走り切ってしまったのです!

出典:Facebook(Polsin Sinsamoe)

軽々と子犬を抱いたまま、涼しい顔でゴールするKlongsanunさん。

出典:Facebook(Polsin Sinsamoe)

マラソン愛好家で愛犬家の彼女にとって、子犬を抱いて走るのは造作もないことだったのかもしれません。しかし、これだけタフなランナーでありながら、マラソンのタイムよりも子犬の保護を優先したのがかっこいい!

彼女のFacebookにも、

レースの完走と、子犬を救えたことにおめでとう 
 
あなたは素敵なハートを持っている 
 
素晴らしい子犬とあなたに祝福を!

といったコメントが寄せられています。

現在ノンチョムと名付けられたこの子犬は、Klongsanunさん宅の先住犬たちと一緒に、元気に暮らしているそうです。

出典:Facebook(Polsin Sinsamoe)

ノンチョムとKlongsanunさん一家には、いつまでも幸せでいてほしいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(Polsin Sinsamoe)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加