「今までで一番難しかった日本語は?」と中国人に聞いたら…まさかのあの名曲だった


“外国の方に説明しにくい日本語”ってありませんか?

友人に中国人の方がいるL.A.G.Craft(@l_a_g_craft)さんはある日、その友人に「今までで一番難しかった日本語は?」と質問したところ、なんとも説明しにくい言葉が返ってきたのだそうです。

▼ その日本語がこちら


た、たしかに、なんて伝えたらいいのか…難しい(笑)

日本人は感覚でなんとなく理解できるのですが、外国の方にとっては派手なんだけどさりげないといった感じで、なんだか矛盾している言葉ですものね。

投稿に寄せられた声


解釈合戦がおもしろいですね!なんだか国語の試験回答みたい(笑)

ちなみにL.A.G.Craftさんは、「ギンギラギンにさりげなく」についてこのような解釈をしているようです。


解釈は人それぞれでしょうが、外国の方に説明するのはやはり難易度が高い言葉ですね!

ちなみに近藤真彦さんの名曲「ギンギラギンにさりげなく」を作詞したのは伊達歩さんですが、どういう意図で書かれたのでしょうか。気になるところです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@l_a_g_craft)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加