クイーンのメンバーが、8年前の東日本大震災の時に日本へ送ってくれたメッセージ

2019.3.11

出典:Twitter

クイーンのメンバーは、8年前の東日本大震災の時に日本へメッセージを送ってくれました。震災からちょうど8年を迎えた日、クイーン日本レーベル公式Twitterが当時のメッセージを再び掲載しています。

出典:Twitter


(ブライアン・メイからのメッセージ)

疲れ果てた長い眠りから目覚めて、テレビをつけてみると、日本の津波のひどい惨状が目に入りました。すぐに目に涙が溢れてきました。 

ショックで、悲しく、そして非力さを感じました。この凄まじい悲劇によって、生活、家や家族が引きちぎられてしまった、すべての友人に愛とお悔やみのメッセージを届けたいと思います。 

宮城、仙台、クイーンで1976年にツアーしたときのことは、私たちにとって、とても素晴らしい思い出です。若い日本の人たちは、私たちをまっすぐ心に受け止めてくれました。私たちと日本のつながりは、とても強いものです。 

我々を大きく動揺させた、非常な自然の災害に遭われた友人たちに、大きな哀悼の意を表します。私と私の家族はあなた方に祈りと愛を送ります。あなた方がすぐに生活を建て直し、この災害をいつかは遠い過去の物にできるように願っています。 

愛をこめて


(ロジャー・テイラーからのメッセージ)

私たちクイーンには、たくさんの素晴らしい思い出があり、長年にわたる多くの大切な友人たちがいます。 

だからこそ、今回みなさんが体験した、悲惨で恐ろしい災害を胸で刺すような、非常に痛ましい思いで見ています。 

私たちの思いは、常に日本のみなさんと共にあります。このような出来事が、人々の日常を襲ったという事実は想像を絶します。 

多くのダメージや、亡くしたものを忘れることはできなくとも、このひどい時期が、ほどなくして終わることを願っています。この思いは言葉では到底伝えられません。 

私たちの思いを、皆さんへ


一言一句から、お二人が日本のことを心から思ってくれていたことが伝わってきますね。今回再び掲載されたお二人からのメッセージが、多くの東北の人々に届いてくれることを願っています。

再掲載されたメッセージについては、多くの声が寄せられていました。

・日本を思ってくれていたんですね。日本はクイーンを思い、クイーンは日本を思ってくれる。 涙が出る程の繋がりの強さを勝手に感じています。 

・再掲してくださりありがとうございます。今日はTeo Toriatte を聴こうと思います。 静かな宵に光を灯し 愛しき教えをいだき 計画停電の夜に小さな灯りだけで過ごしたことを思い出します。日本語詞の部分はとても感慨深いです。 

・再掲載ありがとうございます。お二人のメッセージを読んで東北の方達がまた元気になられると思います。個人では何もできないけれど手をとりあって行きたいと思います。 

・大好きなQUEEN、温かいメッセージをありがとうございました。 忘れません、大震災もQUEENのことも。


未曾有の震災から8年が経ちましたが、被災地の各所には爪痕が残り、津波や東京電力福島第1原発事故の影響で岩手、宮城、福島3県の被災者ら約5万2000人もの人々が避難生活を続けています。

復興への道のりはまだまだ続いていきます。あの日のことを風化させないように伝えていくこと、一人ひとりができることを続けていくことが大切だと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@queen40jp)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加