まるで昔話の世界!樹齢300年ともいわれるしだれ桜、奈良県の「又兵衛桜」が最高に美しいと話題に


奈良県の宇陀(うだ)市には、「又兵衛桜(またべえざくら)」と呼ばれるとても立派なしだれ桜の古木があります。樹名は、大阪夏の陣で活躍した戦国武将・後藤又兵衛に由来しているそうです。

その又兵衛桜の写真を、風景写真を撮り続けているTwitterユーザーのueda(@fuehrsn)さんが投稿して大きな話題になっていました。神秘的や幻想的との表現がピッタリだと思います。




Twitterには、「荘厳すぎて絶句」「これはやばい」「日本画を見てるみたい」などの感想が寄せられていました。

又兵衛桜は樹齢300年ともいわれており、時代劇のワンカットを切り抜いたようにも感じられないでしょうか?景色を見た限りの印象では、桜周辺も地形が昔とあまり変わっていないかもしれませんね。

観光地として各種案内サイトで紹介されていますので、もし現地へ興味を持たれた方は参考にしていただければと思います。

又兵衛桜(本郷の瀧桜) – 奈良県公式サイト

又兵衛桜 – 宇陀市公式サイト


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@fuehrsn)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加