自分を犬だと思っているキツネ。嬉しいときは尻尾をふり、リードをつけて公園を散歩もする

fd150319w007
キツネのトッドくん(11ヶ月)、見た目はキツネですが人間との接し方はもう完全に犬。あまり群れて行動しないため警戒心が強く人にはなつきにくいキツネですがどうしてこんな風になったのでしょう?

fd150319w003

トッドくんの飼い主であるシルバさんはトッドがまだ生まれて4ヶ月の頃に出会いました。前の飼い主があまり世話をせずにしていたため放っておけずに自分が世話をすることに。最初はトッドは「He was a bit crazy」(少しクレイジーだった)と言うシルバさんですが、公園へ連れて行くと喜び犬のようにお腹を見せて撫でてもらおうとすると嬉しそうに語っていました。

fd150319w001
fd150319w006

トッドくんは、現在シルバさんの家でほかの犬やスカンク、アライグマなどと一緒に暮らしていて、定期的に介護施設などに訪れアニマルセラピーとしても活躍しているといいます。

fd150319w005
fd150319w004
出典:dailymail

みんなを笑顔にするドットくん。これからも活躍してくださいね!

<動画はこちら>

出典:YouTube

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事