人の心に一生消えない傷を残す“とある行為”…その深刻さを改めて痛感させられるツイートが話題に

人の心に一生消えない傷を残す“とある行為”。その深刻さを改めて痛感させられるツイートに多くの反響が寄せられています。

投稿されたのは、Twitterユーザーのさよ子(@tonomamadadamam)さん。

幼少期にいじめられた記憶は、どれだけ時間が経とうとも残るとは耳にしますが、まさにそのことが伝わってくるツイートです。いじめがどれだけ重大な問題かを改めて突きつけられます。

さよ子さんのお婆さまは、温かいご家族に守られていたということですが、いじめられた傷を心の中に閉じ込めたまま生きている方もたくさんいるかと思います。

このツイートに対しては、「いじめは許せない」「家族の人生をも変えてしまう」といった意見など、様々な声が寄せられていました。

寄せられていた声

多く見られた意見は、「被害者はよく覚えているけれども、加害者は覚えていない」ということ。本当に悲しいことですし、悔しいことですよね。

幼少期に受けた嫌な体験は、一生引きずるということをよく聞きます。いじめを無くすことが極めて困難なことであることは重々承知ですが、家族や学校の教員など周囲の大人達はできる限りの努力をしなければなりませんし、少しでも気づいたら放っておかないことが大切だと思います。改めてそう感じました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@tonomamadadamam)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事